財産や遺産で揉めた時

親がお亡くなりになった際には、遺産問題でトラブルが起きてしまうことが多々あります。財産管理に関しては、現在では遺言書というものを用意される方も多く、揉め事が起こらないように配慮される方も増加傾向にあります。


一般的には法定通りに遺産相続が行われることになるために、配偶者とその子供のみで構成されている家族の場合では、あまり問題に発展しないケースも見られます。しかし、兄弟の多いご家族などでお亡くなりになった親などが不動産などを所有されている場合では、トラブルになりやすい条件とも言われているために、一定の配慮が必要とされています。現金などの場合では簡単に分割することが可能とされていて、誰でも判断することが容易な内容を持っているものですが、不動産の場合では居住されている家族がいる場合では、尚更揉め事の種になってしまうことがあります。人によっては不動産を売却した上で、得た収入を兄弟で分割される方も存在しているのですが、居住者がいる場合では上手に分割することが困難なケースもあります。この場面では家庭裁判所を利用することも一つの解決策を見出す機会となることがあり、調停などを利用した上で、誰しも納得できる判断をしてもらうことも不可能ではありません。

Comments are closed.