調停以外の手続きについて

家庭裁判所においては、家族や親族間の紛争を話し合いによって解決するための調停手続きなどのほかにも、さまざまな業務を取り扱っており、そのひとつとして、子の氏の変更の手続きが挙げられます。
これは、父または母と、子の氏が違っている場合について、家庭裁判所の許可を得て、新しく父または母の氏を称するための手続きのことをいいます。
より具体的なケースを挙げれば、父母が離婚して、現在は父の戸籍に入っている子が、今度は母の戸籍に移ったという場合に、母との同居生活に支障があるため、母の氏を新たに称したいと考えたときなどに有効となる手続きです。
このような場合、本人がその住所地を管轄している家庭裁判所に対して申立てを行うことになりますが、もし本人が15歳未満である場合には、その法定代理人が申立てを代理して行います。


申立てをする際の書類そのものは簡単なものですが、添付書類として、本人の戸籍謄本と、離婚などの事実が記載されている父母それぞれの戸籍謄本が必要となります。
家庭裁判所でこの申立てが認められれば、そのことを記した審判書が下されますので、審判書謄本を持参して、本人の本籍地または届出人の住所地の市区町村役場に行き、改めて入籍の届出をすることになります。

Comments are closed.