民事調停の流れと手順

裁判所の調停は、裁判官の他に、一般市民から選ばれた調停委員2人以上が仲立ちをして、調停室のテーブルを囲んで、話し合いによって問題の解決を図ります。相手方との直接交渉を避けることができ、同席しないでもよいことになっています。調停の場では、法的な制約を意識することなく自由に意見を述べることができ、裁判官と調停委員が、法律的な評価に基づいて、互いに歩み寄るためのアドバイスをします。
では、民事調停の流れと手順をご紹介しましょう。交通事故の損害賠償や家賃の不払い、労働条件や賃金のトラブルなど、家事・刑事事件以外の全ての法律上のトラブルを取扱います。


まず、相手の住所地を管轄する家庭裁判所に、調停を申し立てます。裁判所から呼び出し状が届きますので、指定された期日に裁判所に行きます。そこで、裁判官と調停委員が言い分を丁寧に聞いてくれ、相手の言い分との調整を図ります。合意に至らなければ、次回の調停の期日を決めて終了します。合意に至ると、「調停成立」となり調停証書が作成されますので、大切に保管します。
最終的に合意に至らなかった場合には、「調停不成立」となり終了します。その後、訴訟手続きを進めることもできます。

Comments are closed.