あなたも経験するかもしれない、裁判所の調停

調停手続きとは、ある当事者の間に何らかのトラブルがある場合に、その当事者の間に裁判所が中に入ってトラブルを解決するための手続きです。裁判社は話し合いを希望している両当事者に、裁判所という公的な場所において話し合いの機会をもたせるのです。


家族02
この場合、当事者は裁判所によって定められた日時に裁判所に出廷し、トラブル解決のための話し合いをすることになります。
ただし、この手続きにはトラブルの相手方を強制的に話し合いに応じさせるような法的強制力はありません。つまり、当事者が自発的に手続きに参加しなければならないのです。
相手方には出廷する義務はないため、相手方が期日に出廷してこなかったような場合、手続きは無駄になってしまいます。
もし、相手方が手続きに参加するという意向を持っていることが確認できるのであれば、トラブル解決の有効な方法になるでしょう。
そしてこの手続きにより話し合いがまとまった場合には、その旨の調書が裁判所書記官により作成されることになります。
いったんこの調書が作られた場合、これは確定判決と同様の法的効果が認められることになります。つまり、話し合いがまとまったにもかかわらず、その約束を守らないような場合には、この調書を根拠として強制執行などをすることができるのです。